Swich-Architects

Architectural Design Office

ABOUT US

「楽しんでつくれば楽しいモノが生まれ 楽しいモノに人は楽しくなる」

この「楽しむ」という作業は、建物をつくる時にも共通することではないでしょうか。

一般に、「建物」とは「屋根・柱及び壁を有し、原則として人の居住、

作業空間に用いられる建築物のこと」と、ありますが、

必ずそこには「人」との繋がりがあります。

例えば、「家」であれば、その建物は家族を守る場所であり、

家族の思い出をつくる場所。

そんな家族の為の空間をつくる時、家族自身が楽しみながらつくれば、

きっとそこには家族にとって楽しい空間が生まれるはず。

家だけに限らず、「楽しそうな空間」「楽しんでいる人がいる空間」に

人は行ってみたい、触れてみたいもの。

そこに人が集い、さらに楽しい空間が生まれると思っています。

人と共にある建築に「楽しむ」というちょっとしたスパイスを入れるだけで、

人にとって豊かな空間になるのではないでしょうか。


「想いの数だけ建築の数がある」

今の社会の中で、全く同じ建物というのはほとんどありません。

建物を計画する時、建てる場所 ・ 土地の特徴 ・ 目的 ・ スタイル ・・など、

「土地や周辺の環境」や「人の想い」を理解することが重要であり、

その違いによって生まれるカタチも当然違い、

「建築」にとってその違いが一番大切な点でおもしろい点でもあります。

そういった点を突き詰めた建築は周りの環境にも馴染み、

そこで過ごす人にとって愛着のある建物になるのではないでしょうか。

それが、「建築のあり方」だと思っています。

立地やそれぞれのスタイルをカタチにすること。


「ものづくりから始まる建築」

建築は一つの「ものづくり」ではないでしょうか。

「家は買うもの」という概念がありますが、

私が考える建築は「家はつくるもの」という概念から始まると思っています。

誰しも、モノをつくる時の楽しさや、

出来上がった時の達成感を感じたことがあると思うんです。

建築もそのモノづくりの延長線にあるのではないでしょうか?

そんな楽しい作業をただ買うだけではもったいないですよね。

私はそのモノづくりを楽しむ作業をちょっとだけ

サポート・共有させて頂けたらと思っています。

そこで過ごす人の想いを共有することがカタチをつくる第一歩となり、

一緒に楽しみ、一緒に悩み、建物のカタチも

これから始まるライフスタイルのカタチも

一緒になって作っていければ幸いと思っています。

藤中 哲|Satoshi Fujinaka
一級建築士・一級建築施工管理技士
Switch Architects|スイッチ建築設計事務所 一級建築士事務所登録
広島県知事登録 15 (1) 5076
〒738-0025 広島県廿日市市平良1-11-12
TEL. 0829-32-7037

Service|事業内容

  • 建築の企画・設計・監理
  • リノベーション・インテリア
  • 展示会場などに関する企画
  • 設計・監理 ・建築物・土地に関する調査
  • プロダクト・家具等のデザイン